FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
親子関係を壊す「しつけ優先主義」

読んでいて、間違っているとは思わないのに何故かしっくり来ないのは何故かとずっと考えていたんですが、最後にその理由が判りました。

親の意味を勘違いしてはいけない。親は子どもを育てているが、子どもは自分の所有物ではないのだ。子どもは未熟ながら一人の人間である。誰かが言っていたが、子どもは天からの授かりものではなく預かりものなのだ。


ここには二つの微妙な問題が絡んでいる。一つは親は「子供の所有物ではない」だから特別に扱ってはいけないというの同意したいのだけど、現実にはだからといって自分の子供とそれ以外は同じではない。その二つを同じ扱いにすることは全く持って無責任だと僕には思える。例えば、公共の場で騒ぎまくる糞猿を見たとしても、それが他人の子供なら睨み付ける程度で収めるだろう。現在では子供は親権者の所有物であるというのが社会的認識になっているからだ。これが自分の子供だったら、当然そんな程度では収まらないことは間違いない。社会認識では子供は親の所有物であるのに、そうではないを前提にして語られたのでは違和感が生じるのは当然のことでしょう。


もう一つは、子供を「未熟ながら一人の人間」として扱えと言っているという点。これをするから子供は自分は特別であると勘違いを起こすのだと僕には思える。未熟であるなら一端に扱うべきではない。人間が人間として認められるのは無条件ではないということを子供の頃から骨の髄に叩き込むのは、これから生きていく為の絶対必要条件だ。そこの部分が甘いから、井の中では王様であったのに、外に出た瞬間、あるいは何らかの挫折を経験した瞬間に簡単に諦める加藤のような人格が出来上がる。

ここで出されている例は、確かに怒鳴りつける必要があるかどうか微妙なものが多い。けれど「子どもが、人間としてやってはいけないことをしたとか、人を裏切ったとか、人の心や体を傷つけたなどというとき」というのは基準としてあまりにも曖昧な気がする。何れにしても、子供に対し親権者は一定以上の上下関係を確定させておかないと、いざというときのブレーキとして機能しない。やってしまってからしかっても意味は無い。

「細々したミスや失敗」をあげつらうのは、子供に対してだけでなく人間として下劣だと思うけれど、子供が過度に未熟であれば、他人から見れば単なる小猿にしか映らないという事実を親権者は認識した上で対応をする必要がある。家庭内ならともかく、外に出た場合気にするべきは子供の感情ではなくて周囲の感情の方だ。そして、家庭内においても、外に出した時にどうなるかという想定の元で教育を行わないと、実際の段階で機能が有効に作動しない。家の近所には、家の中だと隣の家まで聞こえる位の大声で子供と騒ぎまくっている親が居るが、そんな状態で子供をコントロールできるんだろうか? と本気で思う。

本当に子供は親の所有物ではないと社会認識ができれば、そこまで親権者に管理責任は生まれないだろう。けどその場合、目を離した隙に、自分の子供が他人に蹴り飛ばされていても、いきなり文句は言わない程度の覚悟が必要でしょう。通常の感覚なら、子供を無条件に蹴飛ばす大人に当たる確率よりも、子供が蹴り飛ばされるに値する行為をする確率の方がはるかに大きいのですから。ついでに親である自分の能力が今の基準よりも遙かに高い基準で判断され、無能と認識された場合は、当然親権を失うということも認めるべきだろう。家族制度の半解体という状況になり、まことに結構なことだと思うけれど、まず当分の間、この国ではそうなることは無いでしょう。何故なら、子供は家族、家の所有物であるという認識が深く根付いているからです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
虐待推奨者乙
>未熟であるなら一端に扱うべきではない。

だったら一端に扱われる人間などひとりも存在しない。
2008/09/07(日) 16:02 | URL | ウルリッヒ・デスラー #-[ 編集]
人間が完璧じゃなきゃいけないなんて言ってる訳ではない。その程度の事が判らないあんたも子供並みの未熟さみたいだね。問題は責任能力があるかないかなんですよ。
2008/09/07(日) 19:59 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/10(水) 00:28 | | #[ 編集]
どのような教育方針を取って頂くのも結構ですが、最終的なブレーキがかけられないとすれば、それは親権者が無責任だと断言できます。よって、家の中から外に子供を出さないというのならともかく、そうでないならストッパーとしての能力は有しておくのは絶対的に必要です。ペットの話も書かれていますが、だからペットは鎖で繋いで飼わなければいけない訳です。子供を外に連れ出す時もそうやってくれるのであれば問題ないですけどね。

究極的には他人の子供の人権なんか知った事じゃないです。だって彼等は責任能力が無い訳ですから、人権を認める必要も無いというのが僕の考え方です。親権者がその分の責任を負うというのが、本来子供の権利が認められる条件だろうと思っています。よって、個々の関係性などは、対外的には全く関係無いということです。

ちなみにこれらの話は、子供が親権者の所有物であるという現在共有されている社会認識を前提にしています。それが良いと思っている訳ではありません。むしろ間違っていると思っているので、家族制度という諸悪の根源を即座に解体するべきだと思っている訳です。
2008/09/10(水) 02:02 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/17(水) 11:45 | | #[ 編集]
へぇそうなんですか、だとしたら子供だからといって責任能力が無いなんて優遇措置を取る必要も無いってことになるんじゃないですかね? なんで、未成年の責任を棚上げしているのかあんた判ってます? 愛情を持ってようが持っていなかろうが、そういう問題じゃ済まないんですよ。さらに親自身がちゃんと生きていればって、別にちゃんと生きているか否かは親権を得る条件になっていないんですよ。そんなギャンブルみたいな夢物語をベースに子育てを語るから問題が乱発するんです。

あんたみたいな奴が居るから、きちんと管理されていない糞猿共がそこらを徘徊する結果になってるんじゃないの? 別に論点は全くずれていませんがね。
2008/09/17(水) 13:33 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5100-4cc83416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック