fc2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
らしくなく壮大な前振りだなぁと思ったら、ラス前でした。しかし、ラストエピソードとしては綺麗で、これまで個々人の話に終始していてS・Aの存在って一体何だったのかという部分がどうしても犠牲になってきていましたから、それをはっきりさせるというのは重要な意味があるでしょう。

なんだかんだと様々なモノに縛られているS・Aのメンバーにとって、そういうしがらみとはほぼ無縁で居られる光の存在というのは大きいというのは、感覚的には良く判ります。これまでの話を見てきても、光というキャラは完全にそれ以外のキャラとは異質に表現されていて、彼女の天然さがその差を無条件に埋めてきてくれていた訳なんですが、それが出来るということが、S・Aのメンバーにとっては大きいことだというのは伝わってきます。

そんな彼等が最終的にそのしがらみという大きな壁に対して挑むという形式は、見ていて興味をそそります。これを解決する手段に何を使ってくるのかラストが楽しみです。でも、結局慧がキーマンなんで、彼が強引な手を使えば解決も可能かもしれないなという気がします。少女漫画的には、光は散々頑張って、でも結局は慧が裏からこっそりと彼女を助けてくれるというシチュエーションがなかなかそそるんじゃないかなとか言う気がしますがどうでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5139-e8c031bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック