FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
前半攻めきれなかったのが痛かった試合でした。何人かの機能していない選手、前半だと永井と平川辺りが生きていればという感じはしました。特に永井ついてはもう少し生かせるような使い方というのを出している以上は周りに考えて欲しい。達也と違って自らボールを追うというタイプでは無いので、使ってやらなければ存在が消えてしまいます。

高原が何本かオフサイドを取られましたが、これは良い傾向。これまで高原がオフサイドになるというのはほとんど無かった。飛び出しが出来はじめている証拠で、ポンテとのコンビネーションが徐々に出来はじめているんでしょう。そのポンテを変えた時は、大丈夫かと心配しましたが、山田も悪くない出来でした。逆に永井を変えるのが遅いかなという気がしました。

高原に変えて梅崎というのは攻撃のオプションを使い切るという意味では悪くない選択でしたが、結局周囲がその変化に対応できないまま終わってしまいました。やはりこれもちょっと遅かったか。

チームとしての戦術のバリエーションが浸透していないという感じがします。だから選手のタイプが変わるとどうしても動きがチグハグになる。攻撃が機能しないと徐々に相手に攻められ初めて、それに伴ってサイドとボランチの出足が悪くなる。バックラインからのフィードが多くなり精度も落ちる。と悪循環に入り始めます。ポストに助けられて本当に良かったということになってしまっています。

大分は守備が堅いということは最初から判っていたことで、早い時間帯から平川に変えて永井を右に出し、エジミウソンも早めに入れて梅崎を使うなら細貝のところでしょう。中盤を支配することが最も適切な対応だったと思います。

結果的には勝ち点を拾うことが出来たということで良しとして、なんとかすればまだ何とか間に合う時期です。得点が取れなかったということを最大の反省点として、修正をしていって欲しいと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5149-a0db9b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック