fc2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
本当の本当に大切なことには、理由があってはいけない

いや、だからそれをまさに信仰の告白と言うんじゃないだろうか?

面倒だからとか、足止めされるからとか、どんな理由を付けたところで、何かを無条件に正しいと規定することは信仰以外の何者でもないと思うんですけどね。少なくとも、当面はそういう仮定で行動をしつつ、検証はちゃんと行うとかそういう姿勢が必要でしょう。そんなのは、太陽は地球の周りを回っていると無邪気に信じていた人と全く同じレベルでしかないでしょうね。彼等にもし事実を目の前に定時しても、その相手を罪人呼ばわりするのがオチでしょう。全ての信仰は絶対に人間を救いません。

逆に信仰は人間にとって最も危険な思考パターンです。南京大虐殺もホロコーストも信仰が最大の原因で起きた事だと僕には思えますがね。誰が何と言おうが、何人が言おうが、世間や世界が何と言おうが、ちゃんと自分が理性的に判断するということが人間として最低限必要な要件だと僕には思えます。信仰を否定するに信仰をもってするなんて、説得力のかけらもありませんよ。信仰を告白して、それがどうしたって開き直っちゃったら、もう何を言っても聞いてもらえなくなるだけでしょうね。

「難しいことは判らんけど、とにかくxxなんだー」って漫画とかアニメなんかではたまに見るけど、一気に作品を腐らせる毒でしかないね。神様を信じている人に、いくらその無意味さを説いたところで、効果が無いのと同じで、信仰告白している人とそうでない人は絶対に話が噛み合わなくなってしまいます。信仰している側からすれば、地獄に堕ちるだろうと思うしかなく、信仰していない側から見れば哀れな生き物だと思うしかない。それについては、当人も書かれているので、そこは判っているんでしょう。ただ、こと生存の自明性で見た場合、信仰が無い側からすれば、それは全く問題じゃない。だって生存権は自明では無いってことは有無のどちらをとっても成立する訳ですから。けど、生存権が自明だと主張する側が信仰を根拠にしたのでは、社会において永久に生存権は自明になることはないと思いますが、それで良いんですかね?
スポンサーサイト



FC2テーマ:社会 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5170-c4b966c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック