FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
4歳の脳性まひ児殺した母親に終身刑(英)

だから母親に同情しましょう、あるいはだから社会が母親に協力しましょうという風に読めます。けど、僕に言わせれば、だったら障害のある人間からは親権を渡すという権利を剥奪するべきだになるし、親権という子供を個人の所有物にしてしまう権利そのものを排除しましょうということになる。

結局やった側の精神状態がどうであったにせよ、人を殺すということについての責任は一切減免されるべきではないというのは当然のことだと僕には思える。私だって苦しかったなどというのはなんの言い訳にもならない。言い訳として認めてはいけないものでしょう。だって、誰だって多かれ少なかれ苦しい訳です。その苦しみに耐えられるか否かというのは、それぞれ個別のケースによって異なる訳で、障害の有無に関わりません。こういう主張をするから、逆に障害者は責められる立場に追い込まれるんじゃないかって気がしますね。

ただし、ギブアップ宣言は社会で受け止められる体制をとるべきだというのが現在足りていない部分でしょう。しかしその場合当然相応の権利を放棄しなければならない。家庭生活が困難であるというのであれば、それを放棄することを許す社会体制は必要。だけどそれを選択した場合は当然親権は放棄しなければならないでしょう。

なので、世間からのプレッシャー、普通とか常識とかそういう圧力が問題の底にあるだろうという指摘は正しいと思う。けれど、その普通や常識を変えただけでは意味が無い訳で、また新しい普通や常識の圧力を生み出すだけにしかならないでしょう。なので、原則が重要になる。人間が何かを行う場合、それがどのような人間であったとしてもその行動に伴う責任というものを負わなければならない。これが絶対条件です。子供を作って親権を得るのであれば、何があっても子殺しをすればその責任を問われるべき。正直終身刑では甘すぎると思いますね。だから出来る支援があるとすれば、その権利を放棄することを許す体制を整えることでしょう。

自分の権利は保持したままで、都合の良い支援だけを求めているのだとしたら、それは弱者の怠慢であると断言できるでしょう。愛情があろうがなかろうが、そんなことで殺されてしまったのではたまりません。切ないで済ませてもらっては困ります。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
拙ブログの記事を取り上げていただき、ありがとうございます。

1つお断りさせていただくと、本当は支援が必要な状況であったり心の奥底で助けてもらいたいと思っていても、自ら助けを求めることのできない精神状態に追い詰められてしまう親の心理を、同じ思いをされた方との共感の中で私は「切ないですね」と表現しました。殺人行為そのものを「切ない」という言葉で容認するつもりはありません。
Kazu‘Sさんがおっしゃっていることは、自己責任で子育てができない人は親になるな、子どもはどんな人であれ社会の支援なしに自己責任で育てるべきもので、それができないなら親権を放棄して子どもを引き渡せ、社会が用意するべき支援はその場合の受け皿だけでよい、ということなのでしょうか。
2008/09/26(金) 14:18 | URL | spitzibara #-[ 編集]
>自己責任で子育てができない人は親になるな、子どもはどんな人であれ社会の支援なしに自己責任で育てるべきもので、それができないなら親権を放棄して子どもを引き渡せ、社会が用意するべき支援はその場合の受け皿だけでよい、ということなのでしょうか。

現在の家族制度を維持するという条件であればその通りです。
だって、その子供は個人所有物という認識しかできませんからね。
ぶっちゃけ犬や猫を飼うのとなんら変わらないと思っています。
飼い主に何らかの問題があるからといって、
ペットの飼育を個人所有のまま社会が支援するなんてあり得ないのと同じです。

僕としてはそれよりも家族制度を解体する方がより良い選択だと思っていますがね。
親と子が引き離されると可哀想だとかそういうメンタリティも
家族制度が存在しているから発生するのであって、
そもそも家族制度が無くなってしまえば消滅します。
親権自体が既に機能不全に陥っている古い制度で、
それ故にこういう事件が起きたりする訳です。
様々な問題の根元にすらなっていますから、可及的速やかに解体するべきだ
と思いますね。

更に言うと、人を殺すまで自分を追いつめる心理なんて、理解できないし、理解したくもないし、理解する必要もないと思います。ましてや、そんな人間が親権を獲得しているかと思うと、子供には同情できますが、親には軽蔑しか感じませんね。
2008/09/26(金) 17:48 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5228-d4315d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック