FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
マクロスでしたねぇ。そういう風に収めたというのはなかなか立派ですが、やっぱりやや強引な展開だなと感じる部分がありました。そもそも全宇宙規模のネットワークをもし自分とリンクできたとしたら、人類なんて意に介さないんじゃないかという気がしないでも無い気がします。

また、ランカの説明通りバジュラが人類を理解したのが、ランカ+シェリルという複数の人間を知ることで理解したというのなら、なぜグレイスはそれにカウントされないのか。さらになんで歌うこととリンクしているのかも良く判らない。アルトがイヤリングを通じてバジュラネットワークに介在できたという理屈は認めたとしても、なんで巨大ランカが偽者だと判ったのかが判らない。シェリルはもうじきに死ぬとか言う話だったと思うけど、その話は一体どうなってしまったのか判らない。結局アルトと芝居の話はどこに行ってしまったのかが良く判らない。

とかとか、細かく上げていくとかなりお粗末なんじゃと思える部分がありますが、まぁラストはドンパチで盛り上げて楽しむという回になっていました。その点は確かに緊張感があったとは思います。結論としてはやや大味な所はありましたが、まぁそれなりに楽しかったというところでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
三角関係の決着はつかなかったけど・・・
こんにちは。
アニメの感想を時々拝見している者です。

>シェリルはもうじきに死ぬとか言う話だったと思うけど、
>その話は一体どうなってしまったのか判らない。

色々わからないことが多かったアニメでしたが、
これに関しては、ランカが
「シェリルの脳にあったウイルスをおなかに移動させて」
解決しています。(脳から取り除けば死なないらしい)
ランカがシェリルを死から救ったんですね。

ステージのシェリルが一回死んだような場面がありますけど、
そのあとにランカとシェリルが精神的に通じあって会話する
シーンで、その治癒描写が行なわれています。
会話は精神的なもので物理的な接触はなかったはずですが、
そこはランカの超能力(?)が発揮されたのかな、と
あまり深く考えない方がいいかもしれません。

自分的には、三角関係の決着が結局つかなかった
ことが、正直なんだかなあ、という感じでした。
劇場版にひっぱる作戦でしょうか。(笑)
2008/09/29(月) 12:51 | URL | L #Umrgomz2[ 編集]
コメントありがとうございます
確かにそんなシーンありましたねぇ。頭からウィルスを移すことで死を回避できるのか、回避できたとしてそれは恒久的であり得るのかって問題もありますが、それは置いておくとして、それ以上に気になるのが、

それによってシェリルの問題が解決したという明示的な説明が無いってことです。あれだけ後半引っ張っておいて解決したならしたでちゃんとそういうシーンをきちんと描こうよって気がします。察せよって言うにはヘビーなネタなんじゃないかなって気がするんですよね。

三角関係については、確かにその通りですね。マクロスなんだからどっちか選んで終われよって気はします。これに決着が付けられない大きな理由の一つが、未だにアルトの立ち位置が確定していないことだと思います。選ぶ側の足が地面に付いていないのだから、選択の仕様が無いって事でしょう。マクロスのカラーを強く残して、しかもバジュラという意思疎通が一見不可能に見える的を設定し、更に陰謀まで絡ませてしまった為に話数が足りなくなってしまって肝心な部分の描写がおろそかになったんじゃないかという印象があります。3クールあればいい感じに纏まったかもしれませんね。
2008/09/29(月) 15:19 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5235-07eaa211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック