FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえず買ったのは良いことだけれど、内容はよろしくない。今回もまた堀之内は穴。下がりすぎている割にはポジショニングが悪いので守備としてはあまり機能していない。致命的なミスもあるし、フィードの精度も良くない。0.5人分にしかカウント出来ないような状態。

平川の出来も良くない。実は両サイドはどちらも酷くて、山田は頑張っていたとは思うけれど、どうしても判断が遅い。平川に至ってはボールを待って受けようとして奪われる事が多かったし、守備に入ると絞りすぎて何度も何度も相手にサイドのスペースを突かれていました。結果相変わらず5バック状態が何度も見られ、その割には相手にチャンスを与えているという全く学習能力がないんじゃないかとも思われる状況になっています。だからセカンドボールも拾えない。待ちのディフェンスだから相手に波状攻撃やられる事になります。後半左右を入れ替えましたが、それでもやっぱり平川サイドが生きてこないし、今度は左のスペースを突かれる結果になってます。ボランチには阿部と細貝で、前に出ようという意図は見えましたが、やっぱりボールの出しが遅い。前に出せないから詰まってしまって攻撃の展開が全く出来ないでいます。

まずは両サイドの出来をもう少し上げないとどうにもならないでしょう。左は相馬が戻ってくればなんとかなるかもしれませんが、右は平川じゃ話にならない。場合によっては山田でも良いでしょうが、永井でも良いし岡野でも良いし、守備よりも攻撃を考える選手を入れるべき。そうなれば細貝や阿部の持ち上がりも効いてくるでしょう。サイドが攻撃的になればディフェンダーが広がらざるを得なくなって、真ん中にばかり大量に人が居るという状態が少なくなるでしょう。

エジミウソンと高原というコンビ自体が悪いという訳ではないけれど、彼らを生かすだけの攻撃が出来る状態に今のチームは無いです。だから、エジミウソンと高原に対して、達也と永井なりを組み合わせてタイプの異なるフォワードにした方が攻撃のバリエーションが出てくるでしょう。啓太が不調ということもあって、細貝にチャンスが回ってきていますが、彼の特徴に救われたということになっています。今のチームには、啓太よりも細貝の方が必要。とにかく守備的な意識を減らさせることが重要。人数で守るという手法から脱却しない限り内容は良くならないでしょう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5331-f5cf5f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック