FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
のだめカンタービレってラブコメだったんだよなぁ。と再確認させてくれる回でした。元々千秋とのだめってのは、性格的なものだけを考えれば全く会う要素が見られないカップルなわけで、その二人をくっつけている最大の要素というのが音楽であるという図式になっています。その縮図を巧く一話で表現しているなという感じはしました。

この時期にこの話を保ってくることの意味はなんなのかというのは、これから先を見てみないと何とも言えないですが、ビエラに会いに行くという台詞が出てましたから、これからは千秋のターンが始まるのかもしれません。

ここまではあまりにも順調に進んでいましたから、これからは鬱モードに入る可能性が高いですね。その時にのだめの存在というのが千秋にどう写るのかというのが当面の見所って感じなのかもしれません。その意味で今回の話が巧い事前段階として機能すれば最高になるんじゃないかという気がしますね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5369-f5ceb2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック