FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
「非処女で結婚無効」ダメ=イスラム教徒に逆転判決?仏高裁

外国のことではあるんだけど、これって結局宗教を文化として認めるか否かという話担っているような気がします。個人的には宗教に対して好意的なものは一切持っていないのですけれど、社会的なバックボーンとして既に成立していることを鑑みれば、赤の他人がそれを判断するという時点で傲慢と言えるでしょう。ある文化がある文化に対して真偽をつける訳ですから、さもありなんで、司法というものが原則的に野蛮なものであるということが良く判ります。

勿論フランスの裁判所が積極的にこの判断をしているという話ではないので、裁判に持ち込まれた段階で、そうされることは前提になってしまいます。そう考えると、この問題を裁判に持ち込んだという時点で、こそれが宗教裁判で無い限り、宗教を侮蔑していると考えられるんじゃないだろうか。

だとすれば、既に宗教的な戒律という意味での処女性をどうこうというのは茶番でしかない訳で、後は精神的な部分での問題のみってことになるんでしょうね。既に復縁は不可能な状態でしょうから、結局は不当な離婚を行ったということで、損害賠償って方向になるんでしょう。つまりは金ですわな。この女性がどういうつもりだったかは知りませんが、この判決が認められるってことになると、熱心なイスラム教徒男性をターゲットにした処女詐欺って手段が成立してしまうんじゃないだろうか。ただ、20代という年齢なら、こんな男のことさっぱり忘れてって選択の方がスマートだと思うんですが、そうしていないという段階で、人間的に最低だと思うし、最初から金目当ての詐欺だったんじゃないかと言われても仕方がないでしょうね。

まぁ異文化の異性と親密な関係になるのなら、気分的な問題は不問にするしかないということが十分に起きうるという教訓にはなっていますわな。それ以上に無意味な戒律が存在するような宗教を信仰することは、既に愚か者の選択であるということをフランスの社会が認定したってことなのかもしれません。イスラム文化が強い社会に逃れて再度裁判にかければ別な判決が出るんじゃないかって気がしますけど(笑) まぁ何れにしても当人達から制度にいたるまで全てが茶番だって感じられます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5413-3c0ed767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック