FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
前回劇的に復活したちゃんはこの作品の流れ的には当然のように使い捨てにされました。これは想定内。それにしても黄泉の落ちっぷりは凄まじいものがあります。盤石だと思われていたものも実は脆弱な基盤の上に成立っているというのは良くあること。しかも、家督が絡むという最も醜い人間性が関わる問題に直結しているとなると、やり方がエグくなります。

象徴的なラストシーンでしたが、もしこれで黄泉が殺生石に精神を乗っ取られてしまうとなると、展開としてはちょっと単純すぎるという感じます。これまで予想の上を行く構成を常に取ってきていただけにもう少し何とかして欲しいところです。ただし、そういう流れになると整合性が取れるというのは実質問題としてありますが。

これで彼女が乗っ取られて、1話や2話のような行動に出るとしたら、それは対魔師という存在そのものを否定したと言うことになるんだと思いますが、最後の宝物とまで形容した神楽をも殺してしまうというにはまだ弱さが残っているような気がします。さらに、このまま乗っ取られてしまうとして、最終的には黄泉は何らかの形で処理されなければ話として成立しないんですが、それが出来るのは恐らく神楽のみで、神楽黄泉を処理するというのでは、黄泉神楽も救いがない。

黄泉が1話、2話のような行動を取るためには、神楽との関係をもう少し変化させなければならないでしょう。その関係の変化が何によってもたらされるのかがその後の展開に大きく影響してくるような気がします。神楽や紀之はともかくそれ以外の超自然災害対策室のメンバーは全滅という流れになるような気がしますから、それだけの状態に陥ったとしても何らかの解決策が見いだせるようなエンドを用意しなければなりません。それは結構厳しい条件で、どういう手を使ってくるのか、これからがまだ楽しみは続くんじゃないかと思っています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5431-12f37586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
衝撃のCパート! ホントこのアニメ、容赦ないわ…orz
2008/11/25(火) 19:23:55 | 全て遠き理想郷?なブログ