FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
素晴しいテンポで話が進みます。あっという間に30分が過ぎました。黄泉が冥の後を辿る。そこまでは想定の範囲内だし、そこまでは全く違和感のない展開です。それでも、まだ神楽を殺そうとするというところまでには当然至りません。僕にはそう感じられます。勿論暗黒面に支配されているという設定がありますから、本人の意志に関わらず、そのような状態になったとしても、可笑しいとまでは言えませんが、折角ここまで築いてきた黄泉というキャラクターにはやや合致しないという印象を受けます。

黄泉と紀之の会話のシーンはなかなかに鬼気迫るものがあったし、小恋までの話しを踏まえた上での神楽の信条には詰るものがあります。そしてついに、親父殿登場。親父殿の件については何かしらの決着を付ける必要があったと思っていましたが、ここへ来て切札として使ってきました。かなり高い確率で、黄泉に殺されるでしょう。その段階で、初めて神楽は本当に黄泉を殺す理由が出来るわけです。

その状態において、果して神楽がどういう選択をするのか。紀之についても生延びていることが確定しましたから、彼の動向についても気になります。つまりは、今回の黄泉の状態が黄泉というキャラクターからして成立仕切れていないという違和感こそが、彼女が救われるポイントになるんでしょう。恐らく黄泉は今でも許しを求めているし、救いを求めている。彼女が追込まれた不条理な境遇、解決のしようも、怒りのぶつけ先も持てなかった彼女が縋ったものが狂気だったというのは理解できます。が、それが彼女の全てでは無いという部分がミソになってくるんでしょう。

それを救える立場に居るのが間違いなく神楽で、彼女の究極の選択こそが黄泉の運命を最終的に決定づける展開を作ったのは流石です。このまま行ってしまうとなると、ちょっと綺麗すぎるんじゃないかなという気がしますが、そのベタな展開に説得力を持たせるだけの描写をこれまでにしてきたということが、結局は勝因ということになるような気がします。でも、やっぱり神楽ちゃんは綺麗過ぎかな。それを作り上げたのが黄泉であるという事実から解釈すれば、神楽はそれで良いんでしょうけど。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5468-3240b288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
白石ぃぃぃぃぃ!! と思わず叫びたくなった第10話。
2008/12/11(木) 18:51:58 | 全て遠き理想郷?なブログ