FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
流石だ。ともうつくづく感心してしまう他にやりようがないという感じがします。これだけ時間と空間を頻繁に行き来しつつ話の展開が全く曇らない。曇らないどころか、それ自体が緻密に計算され、それぞれに対して効果的に良い影響を与え、しかも場面が転換することで、テンポを与えることにも成功しています。

勿論そういう表面的、あるいは演出面だけに留まりません。まずはシリーズを通して全体の物語というのをこれまた効果的に使い、更にきちんと今作ではそれを展開させて纏めようとしています。千尋と景の話というのはそれぞれ単独で見ても十分にクオリティの高いものでしたが、今回の話を見てしまうと、そのクオリティの影に隠れていた意図的な積み残しの存在が明確化し、それがきちんと回収されているのが判ります。それがある種の収束感を与えると同時に、最終的なものでないというのが、今作に引き継がれた内容に見て取れるというのですから、本当に驚愕します。

恐らくは、現在と過去の関係性についても何らかの解説があるだろう事は確実で、それぞれの関係性というのが明確になって行くにしたがって、キャラの言動がより明確化するという対立構造を取っているだろうことは、想像に難くありません。しかもそれだけの内容を持たせつつ、シリーズとしての話の面白さを損なっておらず、5話で話を一度収束させつつ、6話から新しい展開を用意するという綺麗な構成を崩していません。

情報量を維持しつつも、きちんとした堅い構成を取って、しかも見ている側にとって速いテンポで話が進んでいる訳ですから、これは引き込まれない訳にはいかないでしょう。作品というのはこうやって作るんだよというお手本のようで、かつそれを芸術的なレベルにまで昇華させたという感じを受けます。障害とか、死とか、虐めとか、虐待とか、災害とかかなり重たいテーマを主軸に据えているにも関わらず全く位雰囲気にならないというのも素晴らしいし、それを常識的な範疇の答えで終わらせていないという辺りも好感が持てます。

それぞれのキャラがちゃんと存在感を持って生きていると感じられる。1人、2人でもやるのは難しいのに、これだけの数のキャラに対してそれを成立させるという離れ業をやってのけている事で、成立する神業といえるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5485-396fbc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック