FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
個人的にはこれまでで最高の出来の回だったと思えます。なんと言ってもミチコの魅力が良く出ていた。こういう跳ねっ返りなんだけど、妙に女っぽくて、それでいて可愛らしい。そういう女性が大好きなんで、ミチコというキャラクターは魅力的に感じます。単に我が強くて力も強いというキャラは今時そこらかしこに存在していますが、自分自身が女であるということをしっかり自覚していると言うところに女らしさが出てくる訳で、そこまできちんと出せているキャラというのは、アニメではなかなか見かけません。フェイ・バレンタインはまさにそうでしたけど、それ以来なんじゃないかって気がします。

それは良いんですが、作品として見ると、これは「ミチコとハッチン」という作品なはずで、ここまで見る限り明らかにミチコに偏重した作りがされているように感じられます。それはある意味当然で、ミチコが吹っ飛んだ爆弾女であるのに対して、ハッチンは真面目な少女という設定だし、舞台が情勢不安の世界で、ギャングを相手にしているような状態で、脱獄囚のミチコに対して、そんな世界はほとんど知らない子供のハッチンでは噛み合うはずがありません。

本来であれば、ミチコとの関係性の密度を上げることで、その世界観とのギャップが埋まるかもしれないんですが、結局二人の間はすれ違いの連続で、決定的な溝はまだ埋まっていないという状況となってしまうと、必然的にハッチンの出番というのは削られていくことになります。ましてや、サトシを始めとした連中は子供でも容赦なく殺すという設定になっていて、一度ならずそれを実行しているシーンも出てきていますから、ハッチンなんか下手に出てくれば一発でオサラバ何てことになりかねません。

さて、こっからどうするんでしょうかねぇと思って、調べてみると、なんとこれ2クールやるみたいです。そうなると話は全く変わってきます。これまですれ違い状態だった二人の関係は、まだ前座の段階でしかないって事になります。ヒロシの問題を片付けるつもりなのかどうか判りませんが、これまでと同じ時間をかけてじっくりとハッチンとの関係性を再構築することが可能と言うことになるならば、とりあえずミチコを中心に話は展開させつつ、一人旅のハッチンにしても社会を見るという事を通じて、何かを感じ取るというような展開にすることも可能でしょう。

テンポとしては早いほうではありませんが、密度感は高めという感じで出来上がっています。今ひとつフォーカスが定まっていないという感触が強く残っていましたが、まだ半分にも来ていないという事であれば、それはアリでしょうね。ただし、構成としては、次回かその次が中盤の山場という事になるはずなので、そこには期待したいと思います。
個人的にはこれまでで最高の出来の回だったと思えます。なんと言ってもミチコの魅力が良く出ていた。こういう跳ねっ返りなんだけど、妙に女っぽくて、それでいて可愛らしい。そういう女性が大好きなんで、ミチコというキャラクターは魅力的に感じます。単に我が強くて力も強いというキャラは今時そこらかしこに存在していますが、自分自身が女であるということをしっかり自覚していると言うところに女らしさが出てくる訳で、そこまできちんと出せているキャラというのは、アニメではなかなか見かけません。フェイ・バレンタインはまさにそうでしたけど、それ以来なんじゃないかって気がします。

それは良いんですが、作品として見ると、これは「ミチコとハッチン」という作品なはずで、ここまで見る限り明らかにミチコに偏重した作りがされているように感じられます。それはある意味当然で、ミチコが吹っ飛んだ爆弾女であるのに対して、ハッチンは真面目な少女という設定だし、舞台が情勢不安の世界で、ギャングを相手にしているような状態で、脱獄囚のミチコに対して、そんな世界はほとんど知らない子供のハッチンでは噛み合うはずがありません。

本来であれば、ミチコとの関係性の密度を上げることで、その世界観とのギャップが埋まるかもしれないんですが、結局二人の間はすれ違いの連続で、決定的な溝はまだ埋まっていないという状況となってしまうと、必然的にハッチンの出番というのは削られていくことになります。ましてや、サトシを始めとした連中は子供でも容赦なく殺すという設定になっていて、一度ならずそれを実行しているシーンも出てきていますから、ハッチンなんか下手に出てくれば一発でオサラバ何てことになりかねません。

さて、こっからどうするんでしょうかねぇと思って、調べてみると、なんとこれ2クールやるみたいです。そうなると話は全く変わってきます。これまですれ違い状態だった二人の関係は、まだ前座の段階でしかないって事になります。ヒロシの問題を片付けるつもりなのかどうか判りませんが、これまでと同じ時間をかけてじっくりとハッチンとの関係性を再構築することが可能と言うことになるならば、とりあえずミチコを中心に話は展開させつつ、一人旅のハッチンにしても社会を見るという事を通じて、何かを感じ取るというような展開にすることも可能でしょう。

テンポとしては早いほうではありませんが、密度感は高めという感じで出来上がっています。今ひとつフォーカスが定まっていないという感触が強く残っていましたが、まだ半分にも来ていないという事であれば、それはアリでしょうね。ただし、構成としては、次回かその次が中盤の山場という事になるはずなので、そこには期待したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5495-60ece534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック