FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
うーん、ここへ来て物語の確信に迫るような話を連発してきています。一応締めくくりを意識して話を纏めるという方向に持って行っているというのは、好感が持てます。記憶が曖昧なので間違っているかもしれませんが、やや原作と異なった設定にしているように思えるので、その部分をある程度修正した上で終わると、その後を続けるという話になった時にも、作りやすくなるんじゃないかという気がします。

薫というキャラは、子供っぽいのが売りで、その点が紫穂や葵とはことなるところなんですが、それだけに精神的に脆い部分が存在しています。勿論今の彼女であれば、それは全く問題無いのですが、そのまま大人になってしまうと言うのは、子供の彼女のイメージからすれば繋がるものの、真面目に考えるとちょっとどうなんだろという気がしないでもないです。

何れにしても、バベル育ちの彼女達がエスパーの側に完全に肩入れするという決断をするには、それを決定づけるような何かの存在が必要になってくるでしょう。皆本が鍵になると言うからには、それを阻止できるのが皆本とするのではなくて、その要因の根底に皆本の存在があるという形式にするのが望ましいと感じます。

まぁまだ原作者すら最終的な結論は考えていないかも知れないような状態で、あれこれ考えたところで、空しいだけですね。2期シリーズがあるようであれば、中学生編にまで入ってくるかもしれません。成長して綺麗になったチルドレン達が動くところはちょっと見たいかなという気がしますね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5503-8f8fa716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック