FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
さて、到着したX8ですが、やっぱり過渡期の製品だなぁと感じさせるものが幾つもあります。まず気になったのがやっぱり、MPEG-4エンコーダが1つしか搭載されていないことによる運用上への影響。見かけ上TS1、TS2、REと3つの録画方式が選べるんですが、実際にはチューナーは2個で、REはTS1にしか繋がっていない。ということを理解できないとパニックになります。しかも、それぞれは同等ではなくて、それぞれにしかできないことが多々存在しているので、その番組をどうやって録りたいかを意識しないと予約も出来ないってことになってしまいます。で、チューナーを切り替えるボタンが「W録」ってボタンなんだってそれは判らなかったですわ。

番組表もアナログ時代から進化していないという印象を受けました。つまり、それをデジタルに持ってこられると、使い辛い。まず情報量が足りない。REGZAに出来ていることが何故VARDIAに出来ないのか謎です。速度的にもかったるさを感じるには十分な程度に遅い。番組表の使い勝手が悪いと、全体の印象が非常に悪くなるので、もう少しなんとかして欲しかったところです。

予約に関しては機能としては色々あるのですが、判り辛いです。シリーズ録画と、毎回録画と、お気に入り録画と一体どれをどうやって使えばいいのかって感じになります。個人的にはシリーズ録画が便利だとは思うんですが、なんせ11個しか入れられない。こんなもんあっという間に埋まってしまいます。100個位使えれば予約に関しては文句なしだったと思うんですが、これもまた中途半端という印象が否めないです。

リモコンのキーの数を減らす為にふたの中にキーをしまうというのも、善し悪しで、「タイムスリップ」ボタンや「ごみ箱へ」ボタン、挙げ句には「録画」ボタンまでがふたの中というのはどうなんだろという気がします。リモコンの横にスライドスイッチがあって、それで10キーの機能を切り替えるんですが、そこにプラスしてさらにシフトキーまで付いているってのもなかなか凄い。

更にこのリモコン。受光角度がやたらシビアで、ちょっと角度が付くと取ってくれません。僕が知る限り国産家電としては最悪と言える受信状態。何を考えたか立てたまま使えるようにと発光部を2カ所付けてるんですが、立てた状態にすると、やや改善されます。そんなことしなくていいから通常の状態での受信感度を上げてくれよって感じ。

ちょっとさわっただけで、これだけ不満点が出てくるというのは、明らかに損をしていると思います。しかもどうにもならないことじゃなくて、ちょっと気をつければ回避できるようなことが多いだけに、残念な感じがします。

じゃあ実際の中身の部分はどうかという部分ですが、一番のポイントとなるMPEG-4/AVCですが、思っていたよりは使い物になりそう。ただし、やっぱり8M以下にはしない方が無難かなというのが第一印象。元映像の画質にも依存するはずなんで、もう少し色々と試してみるつもりですが、10Mにすればほぼ問題ないレベル。8Mだと時折破綻が見られるという印象。意味は無いですが、試しにとe2系のSD映像を録画してみると、破綻が酷く目につきます。HD映像を残す為に、せっかく綺麗な放送を限度を超えて劣化させた状態で見るというのでは、しょうもないことになってしまうので、その程度は確保するべきだと思います。DVD1枚で1.5時間を目途にしてやると良い感じかもしれません。結論としては、ともかくも実用域には十分入っているなという気がしました。

もう一つの売りであるXDEですが、DVDを元画像としてON/OFFを比べてみると、明らかにシャープネスが上がったと判ります。個人的には眠い感じが醒めるのでこれもOKなんじゃないかと思っていたりします。DLNAサーバの機能も付いていますから、電源さえ付いていればREGZAから直接データを呼び出せるというのも大きい。ただし、当然TS系データしか再生出来ませんから、微妙な使い勝手なのかもしれませんが。どうせならクライアントの機能も持っていてくれると、あちこちのデータに対する操作を一元化できるのに。って思いますね。

とりあえずざっとさわった感じではこんなところ。後はもう少し使ってみてというところでしょうか。それにしてもHDMI接続は楽で良いわ。今、X8?REGZA?AVアンプというルートで音声を回しています。これが出来るとアンプ側のファンクションを変えずに済むので楽ちんです。

ともかくも、ブルー非搭載のおかげで、1TのHDDが搭載されたフラグシップ機が8万を割り込む値段で入手できるというのは福音でしょう。とりあえずこいつで過渡期はこなすというのが悪い選択じゃないという気がしています。使っていく内にもう少し良いところも悪いところも見えてくるでしょうけど、最強といわれる編集機能も含めて、コストパフォーマンスとしてはダントツであることは間違いないと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5505-44ad1f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック