FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
うーん、ともかくもここはテンションを上げていくタイミングということで、例によって迫力は満点でした。それを告白したという段階で、変化はあるんだと思います。ただ、個人的に前作のミヤミヤにしてもそうなんですが、そういう精神状態というのを理解する感性が欠落しているようなので、どうも入り込めないものがあるんですが、まぁ彼女が追詰められているという事実。そして、それについて救いを求めているという現状というのは伝わってきました。

作品的に見ると、そのこと自体は既に起ってしまったことであり取戻すことは出来ないということを前提にどう処理をするかということになるし、それ以上に過去のエピソードと現在のエピソードを、さらに今シリーズが完結編だとするなら、できれば前作との関係性をどう位置付けるのかという部分が注目されます。

特に優子というのは、前作でも微妙な感じで出てきているわけで、その優子は一体どういう意味合いを持つものなのか。相応に考えられているという気配は十分あるので期待したいところです。死と虐待という前作よりも現実的なテーマを題材にしているだけに、やや生臭さを感じてしまうのですが、この手の話というのは、結論のもって行き方で全体の評価が決定してしまうということになります。勿論、その結論を整合させるための過程も重要ですが、そういう形式になっているだけに、ラストにどのような結論を持ってくるのかとても楽しみです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5509-4f33b648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック