FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
しかしまぁ、よくぞここまで緻密に話を作るものだと感心してしまいます。見ている限りにおいて、ヒントは出ているものの、そう簡単には判らないという状態を作り、それでいて、京極堂がネタ出しをすれば、全く辻褄があっているように聞こえるというのだから、一級品です。

それぞれの思惑というのがきちんとあって、その思惑に従って不自然の無い形で行動した時に十分に起こりうる範囲で今のところは無しを進めています。あまりに計算付くされていたので、その分ややキャラクターが無機質になった部分がありますが、それについても十分味として認められる程に昇華されています。

やや気になるのは、頼子ちゃんについてなんですが、まぁ妄想が暴走してしまったという意味で、あり得る範囲には収まっているものの、ではなんで加菜子頼子に近付いたのかという部分が未だ不鮮明です。まだ話が終わった訳ではないし、久保の存在がそれを紐づけてくれるという可能性も十分にあります。最終回に期待したいところです。

今のところ、まだバラバラ殺人と加菜子の話についても繋がってこないのですが、その点についても、久保という仲介を通じて連結されるのかもしれません。それぞれのキャラの役回りにしてもよく考えられています。ある種の究極形態を見ているような気がしてなりません。ここまでは、全てにおいてほぼ完璧な出来栄えです。昨今どうも感覚だけで話を進めて破綻をきたしてしまうという作品が多いですが、その真逆を行っている秀作になりそうです。

さて、最後にどんな結末が待っているのか、十分に纏めるだけの時間的余力も残していますから、これは期待できるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5513-12e50538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック