Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
喰霊 -零-
ストーリー1
キャラクター性 4
画 4
演出 4
音楽 3
総合的な評価 3
ストーリーが破綻した、あるいは最初から構成そのものが間違っていたかのどちらかとしか判断出来ない内容になりましたから大幅減点。けれど、最終回前までのキャラ描写に関しては評価に値するものだと思います。トータルとしてはまぁ及第点というのが良いところでしょう。


まかでみ・WAっしょい!
ストーリー 2
キャラクター性 2
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
キャラの数は多くて、個性的な設定がされて居ましたが、結局使い切れなかったという印象が強いです。ストーリー的なものもあまり無い作品ですが、キャラを使い切れない構成になったという部分が惜しい感じがします。

今日の5の2
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
毒にも薬にもならなかったというのが正直なところ。リアルな小学生という感じはしましたが、それで作品として成立するのかというと、微妙なところ。

ef - a tale of melodies.
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 3
演出 5
音楽 4
総合的な評価 4
AT-Xで見ているのでまだ途中。そういう意味でやや低めの評価。シャフトだし、前作の実績もあるのでほぼ鉄板でしょう。最後まで見終ったらもう1段階評価が上がる可能性が高いです。

魍魎の匣
ストーリー 5
キャラクター性 4
画 4
演出 5
音楽 3
総合的な評価 5
緻密なストーリー構成と、完全に制御されたキャラクター表現。同様に計算された演出と素晴しい完成度を誇った傑作。キャラ主体ではなく物語主体の作品としては最高の出来なんじゃないかという気がします。

ロザリオとバンパイア CAPU2
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
前作からの設定を巧く生かして作っているなという気がしました。マンネリになることが避けられないだろうと思っていたんですが、その辺を巧く回避しつつ面白く作って来たんじゃないかなと思います。

ヒャッコ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 4
最初どうなるかと思ったんですが、中盤以降周囲のキャラが立ってきて巧く回り出し、良い感じになってきました。最終的には構成的にも綺麗になって佳作にまとまったんじゃないかという気がします。

屍姫 赫
ストーリー 1
キャラクター性 2
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 1
「赫」単体で評価するということになると、最低の評価を付けるしか無い状態。自作まで併せて1本として見れば大分異なるのかもしれませんが、ともかく今作だけではかったるいだけで中身スカスカの意味無し作品でしかありません。

のだめカンタービレ 巴里編
ストーリー 2
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 2
残念ながらパリまで出張って、前作の焼直し以上にはならなかったという印象。キャラの関係性についても同様で、2作目としては物足りないというのが正直なところでした。

あかね色に染まる坂
ストーリー 3
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
萌作品としては無難な出来。細かい部分には突っ込みどころ満載なのは言うまでもないですが、萌アニメということで不問に出来るというという特権を埼大に生かしていたんじゃないかという気がします。

夜桜四重奏
ストーリー 2
キャラクター性 2
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 2
ストーリーや関係性まで形式化に走った結果、さっぱり意味不明なものになってしまったという自業自得な結果に陥った作品。設定的には面白そうな部分もあったと思うんですが、流石にこう言う作り方ではどうにもならないということを証明しました。

かんなぎ
ストーリー 3
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
色々期待はしたけれど、結局は萌アニメの枠でしかなかったという印象。これについても出し惜しみした感じが多く見られたような気がします。結果としては及第点を超えるものにはならなかったというのが実際でしょう。

ケメコデラックス!
ストーリー 4
キャラクター性 4
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 4
ドタバタコメディとしては結構しっかりと物語を作ってきたんじゃないかなという気がします。キャラも絞り込んだことでかなりしっかりと描写もできていたと思います。結果として収束しないというのは想定の範囲内ではあったんですが、できれば2クール分位進んでくれると、さらに面白くなったんじゃないかなという気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5526-5c5e72b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック