Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
人間関係の構築、人が人と向き合う事、通常の状態においてはそれ程意識もせず、普通にやっている事のように思える事柄ですが、本当の意味で、もしくはある種の極限状態において、それを行うというのは簡単な事じゃない。過去の話にしても、現在の話にしても、そこに焦点が当たっているように感じられます。

打算や、自らへのエゴを全く抜きにして、それでも他人との関係を構築できるかどうか。そこにひょっとすると真実の愛情というものを見いだそうとしているのかもしれません。けれど、それは前作以上にハードルが高い内容です。それだけにキャラ達もかなり混乱しているし、その関係を求める前提条件として、相当エグい状況というのを用意しています。

問題は、この回答をどうやって用意するかという事になってくるでしょう。今のところ火村と優子は破綻したという結論が既に出ていますが、今回の状態では、まだ会えないという処までは行っていません。という事は、更にもう一段階落ちるという事なんでしょうが、それは考えてみれば当然の帰結で、高校生が解決するには困難な問題であるし、そもそも火村も精神に相応の傷を負っているし、優子に至っては現状が追い込まれています。

ミズキと久瀬の問題にしても、当面解決策が見えている訳でもなく、状況的には救いようがないという条件になってきています。ここから出される結論は、素直に行けばどうにも救われない結論にしかなら無い訳ですが、単にその状況を描くだけでは作品としての突っ込みが足りないように感じられてしまいます。となると、何らかの捻りが入ってくる事になるんだと思いますが、どのような結果になるにしても、この状況を覆すだけの説得力が必要になってきます。それだけの説得力を持たせる事はかなり難しいというのは確実で、その中でどのように話が展開していくのか、楽しみです。

まだ時間的な余裕はそれなり以上にありますので、どういう展開にしていくのか是非期待させてもらいたいと思いますが、それにしてもヘビーな話です。ここまで究極的な人間関係を突き詰めるという話は他になかなか類を見ないものがあります。その辺、問答無用の無条件、設定的な逃げだけで終わらせてしまうものが多い中、こういう作品に挑戦したということそのものは凄い挑戦だなという気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5527-6b9c8021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック