Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
あ、なんかやけに真面目な展開になってる。なにも、ここまでの展開を考えるなら、ここで感動系の話を持ってくる必要も無いような気がするし、ナギの自我が云々という話を持ってこられても微妙という気はしないでもないんですが、それでもエピソード単位で見ればそこそこの纏まりだと思うし、かんなぎという作品自体は、そういうテーマを長いスパンで追いかけているのかもしれない。

ここまで引っ張ってきての纏め回になってしまっているんで、動きとしてはもう少し欲しかったようにも思うのだけど、仕方ないところか。その分幾つかのサービスカットは入っていたからそれで帳消しって事なのかもしれません。

アニメシリーズとしてみると、投げっぱなしの部分が多くて、尻切れトンボな感じが強く残るというのはもう仕方ないという感じ。例えば、真面目に考えるとざんげちゃんとか何のために存在したのかさっぱり意味不明で終わってしまっている。その辺、継続中の原作を元ネタにしている以上どうにもというのはもう諦めるしかないんでしょうね。

ナギと仁の関係については一応纏まった形だけれど、最初と最後だけに話が集約されている感が強くて、こちらも真面目に見てしまうと物足りなさを感じます。素直にちょっと頑張った萌えアニメとしてみるのが最適で、そう見れば及第点は出せる内容になっていたと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5529-865f3eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック