Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
基本原作に忠実に作り続けてもう4期目という事になれば、これはもう完全な鉄板である事間違い無しです。しかも、この4期は話的に最も濃厚になるところですから、シリーズ展開上も間違えようがありません。ここまで張られて来た伏線が回収されるタイミングであり、祐巳が真の意味で話の主軸に座るクライマックスになります。

そういう条件であるために、原作未読でかつこれまでのシリーズを見てきていない人は置き去りになる可能性がかなり高そうです。これはシリーズ初期からあった事ですが、特に前期のOVA辺りから顕著になってきた傾向で、これまでは蓉子や祥子、あるいは聖に守られるという立場にいた主人公の祐巳が、その立場から脱却するという過程に来ていますから、キャラの関係性がより複雑になっています。それだけに、アニメだけでは情報量の欠落が激しく、原作を読んでいないと判らない表現が多く存在する事になります。

今回の1話も、もの凄いスピードで話が進むというのはこれまで通りで、きちんと原作通りに、しかも微妙に表現されているという内容があちらこちらに散りばめられていました。まぁ自分もアニメから入ってOVA前まで原作を読まずに来た人なので、原作無しだとどうにもならないという事はないと思いますが、何割かは確実に損をしているんじゃないかというのが正直なところです。

しかし、これは3期からの流れ上、そして、4期が文化祭から始まる以上仕方ない事なのですが、可南子ちゃんについては少々勿体ない扱いだなという気がします。祐巳の妹候補としての表現する時間があまりにも短くて、そこでやきもき出来なかったのが残念。そうなると、当然他の妹候補の対抗馬としての役割も弱くなってしまって、結果としてなんであそこであんな台詞が出たのかという説得力が弱くなってしまうんじゃないかな。とかとか。

まぁそれも作品解釈の範囲には収まる程度になっていますし、どっかの作品みたいに、原作があることを理由にして、アニメ作品として破綻しているということにはなっては居ません。十分優秀と言える出来に収まっているので、安心して見ていられます。これからどんどん盛り上がっていく事は確実なので、毎週楽しみに出来そうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5535-f98ccea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック