Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
明らかに魔女達の方が戦略家としてアクティブに動いています。死神が何をどのくらい企んでいるのかは判りませんが、今のところ見える範囲においては完全に後手に回っているように見えます。

駒の数としては明らかに不利になっていたメデューサが、半ば一か八かのギャンブルに出てきたというのは頷けます。もしこれでシュタインを取込むのに成功したとするなら、それは大収穫だし、シュタインがメデューサの元に行ったのではなかったとしても、少なくとも一時的に死武専の戦力を削ぐことには成功しているわけです。実は、死神との駆引き以上にこのことの方が大きいような気がします。

で、同様に駒の数という意味ではやや弱いアラクネにしても、先手を取るという意味では成功しているし、なによりも鬼神という切札を入手しているというのは大きい。それは、同時に死武専の進行を呼込む結果になってしまっていて、メデューサがそのことを承知している時点で、かなり綱渡りをしているように感じます。

と、ここまでは悪くないように感じるんですが、気になるのは死神が何かを企んでいるという振りがなされているところ。その内容が強烈過ぎると出来レースの茶番劇ということになり、弱すぎると死武専は間抜けの集団ってことになってしまう。話的に相当追込んでいるなぁって気がします。話を盛上げる為にって事だったんだと思いますが、自分の足下を切崩しながらの展開になっているように見えます。自分で掘った穴に埋らなければいいんですが、正直ちょっと心配です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5550-77edba38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック