Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
闘蛇という存在がその名の通り戦いの為の獣である以上、いやそれ以前に例えそれがペットであったとしても、人間に飼われているという段階で、獣として真っ当には生きられない。それは現実で、人間の価値観でみて可哀想というのは実際の処はナンセンス。

ただし、それが子供の視点で語られて居る為に、逆にまっすぐなものを感じさせるというのは巧妙で、大人の世界の胡散臭さというのは良く表れているような気がします。通常そういう部分に関しては前提条件として片付けられてしまうもので、その部分に光を当てるというのは、作品コンセプトとして正しい方向だと思います。

実際にその胡散臭い部分を助長するような動きも幾つか見られていて、そのこと自体は間違いではないのですが、逆に言えば素直なものの見方を単純に正しいとされてしまったのではちょっと興が足りないという気がします。

そのような状態からどのように話を持ってくるのかというのが物語としての深みに繋がるし、作品として腕の見せ所だと思えます。まだまだ序盤戦という事で、そろそろ初期設定も終わってくる頃でしょう。新たな展開に期待したいところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5592-2e6044e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック