Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
福岡中1自殺でみえた「学校での体罰」の疑問

ちゃんちゃら可笑しいとはまさにこのことを言うのだと思う。それほどまでに巫山戯た、自分勝手な理屈で、こういう考え方がはびこるから、最低限のこともできないような、糞猿が大量に発生するんだろう。

教師は赤の他人だと言うが、そんな赤の他人に過大な期待をしているのは誰だろうか? もし、僕が教師でこんなアホらしいことを言われたら、こう言うだろう。

「じゃあ口で言っても判らない時は、体罰を与えないで退学にさせます」

そうしなければ、真面目な生徒達が馬鹿を見るという不公正なことになります。
赤の他人である以上、その猿の面倒を見るかどうかの選択権が与えられるべきだろう。それをしもしないで、赤の他人は過剰に干渉するなと言われたのじゃたまらない。教師じゃなくても同様で、赤の他人と言ってしまった瞬間に、身内以外は猿共が何をしていても放置しろということになる。親に親としての能力が欠如している例にあふれているご時世で、これを助長するようなことを言うのは、単なる馬鹿でしかない。

何度も書いているけれど、自殺の責任は何者にも転嫁できない。出来たとしても当人の保護者に責任は限定され、それ以外のものには一切責任は無い。自殺するような奴は所詮その程度の人間であったということで、それを止めることが出来ないような保護者は所詮その程度の保護者であったというだけのことだ。それについて、なんらかの対策が必要だとは思わない。あえて言うなら、家族制度に問題があるのだから、家族制度を解体するべきだということだろう。

もし、学校や教師に問題があるなら、相応の手段を以て告発なりすれば良いだけのことであって、自殺などを契機に問題を見直そうなどと言う馬鹿野郎が居るから、次々と死ねば良いんだろという発想をする奴が増える訳だ。つまり、こういう一見良識的な発言をしている奴等こそが自殺者を増加させている要因になっているということを自覚するべきだ。

繰り返すが、犯罪行為には責任の分散があり得るけれど、自殺の責任の分散はあり得ない。自殺の責任は基本的には本人のみに限定される。未成年であるということを考慮するなら、その責任は保護者にある。このスタンスを崩して、やれ学校だの社会だのに責任の押しつけを認めることは決してあってはならない愚行です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5625-7d605037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック