Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
そもそもパワーを性格に三人の人間に分けられるような技術があるのであれば、最初から一人の人間に全てを注ぎ込んで、しまった方が良いような気がしないでもない。三人分の経験を得るというような意味合いがあるのかもしれないけれど、出会わなければそれでお終いというのではいささか効率が悪いのではないだろうか。まぁ効率よりもより強固な人間を作り上げるという事に主眼を置いたという事なのかもしれません。

今回のネタはなかなか強烈だったんですが、契約者が死ぬという事以上に、サブが元神霊と契約する事がそもそも無理があるという事実の方かもしれません。となると、元神霊自体が一体どのような意味を持つのかという部分が非常に興味があります。

どうしても戦闘に特化したかのような部分が有りますから、何らかの戦いを想定している部分が有ると思うんですが、だとした時に、ルートにのみ元神霊との契約が許されるという事になると、あまりにもハンデが付きすぎているように感じます。

元々ルートを守るというか、ルートに勝利させることを目的としたシステムであるということになれば理解は出来るんですが、それだけ巧妙な仕掛けを社会全体にはびこらせる事に成功したとなると、それを覆すのは難しいというかほとんど不可能に近い事になるんじゃないかという気がします。

これだけのネタを仕込んで風呂敷を広げてしまった以上、それなりの結論を出してくれる事を期待してしまうのですが、かなり厳しい状況が待っているなという気がします。ここからどうやってこの状況を打開していくのか楽しませてもらえればと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5655-383ff0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック