Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
死に対する意識を考えさせるエピソードになっていました。こういう話こそが最も地獄少女に相応しいと思うんですが、ほとんど初めてと言っていいくらいこれまでありませんでした。満を持してと言う感じなんですが、その割には結論らしきものは曖昧なままで中途半端になってしまっているのが残念です。

話の方向性としては地獄通信システムを否定する方向に行くんじゃないかという気がするんですが、今回のエピソードはそれとは逆の方向に話が進んでいます。死というものを肯定的に受止めることができること自体は判らないでもないですが、それと地獄通信のシステムはそれなりに隔りがあります。そのギャップをどう埋めていくのかがポイントになるだろうと思います。

結局、地獄通信というのは、人の生死をお気楽に左右することを許可するというシステムで、その判断もほとんどされていないに等しい状態になっています。ノーマルに考えるならそれは許される内容ではないと思うのですが、それを否定するのに安易に生を賛美するだけでは安っぽくなってしまいます。そのためにとりあえず死とは何かと言うものを問うことは意味があると思いますが、そういう方向に話が進んでいくのかちょっと怪しいという気がしてしまいます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5680-ad954bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック