Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
この話自体は難しい事はありません。無能者がその能力以上の権限を持つ事を許されれば当然の事のように、歪みが生まれて不条理な犠牲者が出る事になる。そして、そういう状況が最も起こりやすいのが、家族という今となっては害悪しかもたらさないような旧態然とした制度であるという事。

その能力もない内に生殖能力だけで親になり、いっぱしの権限を得るようになると、とんでもない状態が起こるというのは何も驚く事ではありません。そして、その犠牲になるのは子供であるというのは良くある事。今回のような虐待は最も分かり易い例ですが、そうでなかったとしても、きちんとした教育や躾が出来ていない小猿はそこらかしこに幾らでも見つける事が出来ます。

結局は、虐待され挙げ句地獄送りが確定してしまった息子と、生まれる前から親の罪で地獄送りにされてしまった妹というこれ以上無い不条理が完成したという事になります。これに比べれば世の中の残虐と言われる犯罪も可愛らしく見える位です。これは地獄通信というシステムが介在する事で、非常に分かり易く、かつ完全なフィクションとして成立していますが、なんのことはない程度の差こそ有れ同じ原理の罪は現実でも少なくないだろうと容易に想像が付きます。

無能者が無条件に権限を得ることが可能である。それだけで家族制度が悪であると断言できる訳ですが、そこに子供として所属することを強制される、またそこに所属しなければならないという通念が存在するということが自体を何倍にも深刻にしています。現代社会において最も忌むべき制度である家族制度が存続する限り、その犠牲者は次々と再生産され続けるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5720-18634364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック