Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
兵部と皆本とチルドレン達の感情が交わるエピソードを巧く描いています。この三者の関係というのが、今作品の独特なところで、それぞれがそれぞれの敵になる可能性も味方になる可能性も持ち合わせていて、その力関係の引き合いをしているという状態になっています。

関係性が打算的なもので成立していなくて、感情的な部分が強いので、純論理的な計算ではプラスマイナスが算出できないというのが興味深いところ。兵部が現状のポジションを維持できている最大の要因は、なんだかんだ言いながらも皆本やバベルと完全な意味で敵対していないという部分にあります。

現時点では目的としている部分にやや違いが見られますが、予知されている破壊的な未来をもし変えられるのだとすれば、彼等の目的の共通部分をコアとして抜き出す事が出来た時という事になるのかもしれません。

ラス前の大仕事に位置付けるには適切な話だったんじゃないかと思います。これを踏まえて先に進んでいくという展開は悪くないでしょう。未来に含みを持たせつつ、最終回というのは避けて通れない選択なんですが、それを旨く処理できていると思います。シリーズ構成頑張ったなぁと感心できる出来栄えだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5766-d698e749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック