Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
おーっと引っ張るぅ。このシリーズになって初めての引っ張り展開です。流石にこのシーンは引っ張りますか。大きな転換点になるところですからね。このバレンタイン企画は、ヒントも含めて主題以外もなかなかに面白いんですけど、それはもう仕方ないと諦めるしかないですね。実際次回もそういう話がさておかれましたから(笑)

実は個人的に瞳子ちゃんの感情の動きというのがとても良く判ります。今回の話にきちんと説明されていましたが、結局瞳子ちゃんの一番の問題点は、端的に言ってしまえば素直じゃないというところ。前回吐露していたように実は瞳子ちゃんは祐巳のことを一目で気に入ってしまっている訳です。だけれど、1期からずーっと延々に彼女が祐巳のことを好きであるという表現はギリギリまで抑えられてきました。

瞳子ちゃんは頭の良い娘ですから、色々なことが判るし、色々なことを考えている。判断力もあるし、決断力もある。だから、理性が感情の先に立つという傾向が強いんですね。祐巳のことが好きだと自分で判っていても、その部分を理性が納得できなければ前に進めない。だから、祥子様にも何故ですかと問う訳です。

そして、そんな彼女が感情のままにしたがって良いんだと気付いた時。それが起点となって彼女を走らせることになりました。アニメの表現としてはやや弱いという気が正直します。あれだけでは何故瞳子が走り出したのか良く判らない。けれど、僕には彼女の気持ちが良く判ります。

前回のラスト、今回の冒頭の追い詰められたシーンをくぎみー名演でこなしてくれています。それだけで胸が詰まるような出来になっています。これがクライマックスで、ここから先はマリみておきまりの緩やかななハッピーエンドへ向かう訳です。勿論様々なものが積み重なっていますから、それだけでも十分に感動的であろうことは言うまでもありません。

とりあえず、前回と今回の2話に関しては良い出来でした。やっぱり、急いだとしてもこの位のペースはどうしても必要ってことなんでしょうね。ともかく、最低限抑えなければならない部分に関しては十分に抑えられていたと思います。ここまでの欲求不満を一気に解消させてもらったという感じがします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5779-dfc670fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック