Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
少年漫画としては綺麗な終わり方だったと思います。鬼神の感情を狂気と表現していましたが、それは何かというと、不確定要素の排除による恐怖からの逃避って感じになっています。それに対してマカは、勇気によって向かい合うという構図。

現実問題として、勇気があればなんでもアリというのは安易ではあると思いますが、逆に言えば不確定要素を排除していけば終いには身動きが取れなくなって、果てはヒッキーって事になる訳で、生きていくためにはある程度の勇気というのは絶対的に必要になります。その辺リスク管理とのさじ加減という事になるんですが、アリかナシかで言えばあった方が良いだろうというのはその通りでしょう。

物語的には、結局マカがほぼ独力で事を解決してしまったというのにはちょっとガッカリ。キッドもブラックスターも果てはソウルまで傍観者になってしまうのはどうかという感じがします。結局死神も生きていたようだし、基本的には大団円というところでしょうか。それ以上にこれだけ長かった話をちゃんとした形で纏めることに成功したということが凄いと思います。残念ながらそれすら出来ていない作品が多い中それだけでも十分に意味があると思えます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5793-be1b4242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック