Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
月2万円で400年返済? 住民訴訟で敗訴の大阪・交野市前市長

良心的に解釈して、1億もの返済は到底不可能であるというのを事実と認めたとしても、それはつまり何を意味しているのかというと、政治屋や役人の権限が責任能力を遙かに超えているということになる。民間企業ならともかく、政治屋や役人の責任を国や行政機関が負うというのは、すなわち市民に責任転嫁されているということに他ならない。彼らの責任はあくまでも彼ら個人あるいは公金を利用しない何らかの形で取って貰わなければならない。

それは一見するととても厳しい条件に思えるけれど、責任を明確にしない限り、彼らは他人の財布の決裁権を持っていることになり、その異常な状態が改善されることはない。そうであるからどんな不条理なことであっても適当に、かつ安易にやってしまうわけだ。彼ら自身の無責任もあるが、それを助長するようなシステムになっているという事実も否めない。

政治家や役人というのは、特別な人間がなるべきだ。それができるのは自分のやったことに対して無限に責任を負うという覚悟があり、それを実行できる人間に限るべきだろう。昔はともかく現在であればそれなりの技術を用いれば、そういう人間だけで十分運用を回すことも可能。勿論ワーカーは必要かもしれないけれど、彼らには一切の決裁権を与えないというようにすれば良い。

その基準を満たせないような役人は全員クビにするべきだし、政治屋に到ってはまず信用出来ないというのを標準として考えた方が良い。それを改善するために、まずこういう明らかになり不正と確定した事項に関しては徹底的に責任を追及するべきだろう。こいつの人権を売りに出してでも責任を負わせるべきだ。当然、家族の財産も全て没収が望ましい。メリット部分だけでなくデメリットの部分も共有するのが家族であるべきだ。

権限の行使には責任が伴う。こんな簡単かつ当然の原則が守れていないというのが、現在の社会を歪ませている一番の原因になっています。弱い振りをして責任回避が可能なんてことが許される不健全な状態を一刻も早く打開するべきでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5798-0da0681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック