FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ソニー、AACに対応した「SonicStage CP」

ニュースとしては今更感がありますが、ついに今日公開です。同時にウォークマンA用のファームもアップデートされるということで、結構大がかりな更新です。ちなみにAAC対応に関しては、使ってもいないし、使う気もないので、個人的には興味対象外です。

ウォークマンAの最大の問題と当初からいわれていたのが、付属ソフトであるCONNECT Player。こいつの不安定度や遅さがウォークマン自体の評価を相当落としていたことは間違いない。で、ようやくこの部分にテコ入れが入りました。いつからSonicStageへの変更構想があったのか判りませんが、まぁ昨年末に発売されて半年程度ですから、SONYとしては頑張った方かもしれません。

で、このSonicStageですが、単に置き換えられるに留まらず、機能を追加している点は評価できます。ウォークマンAの最大の特徴は、各種インテリジェント機能だと思います。例えばアーティスリンクは、今聴いている曲のアーティストに関係があると思われるアーティストの曲を検索してくれるという機能。これ自体は面白いと思うのですが、このデータベースを作成するCONNECT Player上ではこのデータを参照することが出来ない状態でした。これが新しいSonicStageでは改善され、参照や編集が可能になったということです。まぁある意味普通になったとも言えなくもないですけどね(笑)

そんなインテリジェント機能ですが、実際に使うかというと余り使う機会はないというのが実情です。いちいち操作が必要であるという点や、シャッフル再生をしていると、シャッフルの分母が勝手に限定されてしまったりと、どうにも使い勝手が悪かった部分があったからです。

そんな問題の一応の解決策として、ファームアップで本体の機能も強化されます。アーティストリンクならアーティストリンクシャッフルが追加され、自動的にアーティストリンクを辿ってシャッフルを行う(だろう)というもの。これなら、使ってみようかなという気になります。

問題はこの機能がバッテリーの持ちに与える影響でしょうか。データベースを毎回検索することになりますから、相応にバッテリーを消費するような気がします。あまりにも再生時間が減ってしまうということになると、折角の機能も実質使えないと判断せざるを得ません。とかとか、なにせSONYのやることなんでどうもまだ心配でならないんですが、一応情報を見る限りでは良さそうなので、期待してみたいと思っています。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/58-1d8c94f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック