Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
随分とハードな展開です。一定以上の秩序の維持はある程度まで不遇な人間達の犠牲の下で成り立っている。だから常に反乱の種火は燻っているんですが、それを抑えるだけの何かしらの箍がはまっている内は収まっている。けれど、度を超えて箍が外れてしまえば一気に吹き出すことになります。

今のところ、国の様子はそれ程乱れていると感じられる事は無いですが、一部に歪な形式が蔓延っているのも事実でしょう。その一番の典型がソヨンだったのかもしれませんが、そういうものの積み重ねが足下を切り崩すことになるということ、それを為政者が意識もしていないという段階で危険な兆候があるというのも事実でしょう。

何れにしても血統によって王権が継承されるなどというおぞましいシステムですから、問題が発生しないはずはありません。血統によって能力の系統が保証されるというのなら、無能者は全員殺してしまうのが一番でしょう。鳶が鷹を生むことも、その逆も十分あるからこそそれは悪だし、であれば血統による王権の継承などは最悪です。

それにしてもエリンちゃんの物語とのギャップが開きすぎています。これを今後どうやって埋めていくのかそれが気になるところです。王獣繋がりが出てきたので、その辺りに期待したいところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5893-7fab8b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック