Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
今回クロの裏設定が垣間見えた訳ですが、それがなんなのかははっきりとはしません。けれど、プニプニが怯えるということは、良い事ではないでしょう。そこで茜さんが黎真に付いた訳ですから、クロ災厄説はほぼ堅いでしょう。

結局黎真というキャラは最初からずーっとクロの敵であった訳ですが、それでも彼に悪の香りはしませんでした。恐らくクロを救うというのが黎真の目的なんじゃないかという気がします。彼の目的がここまで全く語られて居ないというのはちょっとわざとらしい感じがします。

それにしても次々と使い捨てのキャラが出てきます。今回の植物爺さんもその一人。クロの裏面を目覚めさせるという役割だったとは言え、ちょっと安易にキャラを出し過ぎているんじゃないかという気がします。エクセルにしても何回か意味ありげな伏線を張ってきて居ましたが、その結果が今回の話だけだとするとちょっと寂しい感じがするし、大仰しいという気がします。

結局話としては何回も大きく展開するという構成の工夫はあったものの、その分練り込みが足りなくなってしまっているという印象が大きくて、メリットよりもデメリットの方が大きくなってしまっています。こういう捻りを効かせた話を作る時は、地盤の部分がしっかり出来ていないと結果がチープになってしまう事になります。ラストをどうやって締めるのか判りませんが、単に兄妹愛とかそういう流れだと流石にガッカリなので、そこは工夫を期待したいところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5932-aad088fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック