Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
久川の判断自体は賛同できます。人形なぞ例え優秀であったとしても重視する必要は何も無い。自らの意志を持たないものに価値は無いという考え方は全くその通りだと思う。けれど、ツヴァイに関して言うならばタイミングは適切だったとは言い難い。アインとの絆というものは現時点では誰よりも強いはずで、ましてや過去の記憶を取り戻した状態となれば、打算よりも感情で判断するという可能性は高い。

その後あっさり駄目なら殺すと言ってのけているところを見ると、そこまで本気で手に入れたいと思っていた訳でもないと言う事なのかもしれません。ちょっと遊んでみただけとかそういうレベルか。本当に欲しいなら、帰す事は多分しない。

アインの行動はかなり象徴的ですが、気になるのは組織が真剣に探していると言う割には、ファントムの元々のねぐらがノーマークになっているというのはお粗末極まるという気がする事。こんな程度では足下をすくわれると言う可能性も大いにあるでしょう。

アインとツヴァイは単なる暗殺者でしかありませんが、超一流であるということには留意する必要があります。しかも、内部の事情にはそれなりに精通しています。組織を過信してなおざりな対応をするとあっさりとという可能性もあります。ちょっとそれでは興に欠け過ぎるので、そう簡単に逃げられると言う事にならないで欲しいですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5955-92cf0194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック