Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
大杉という人物は、作中最も現在の一般的な常識観念に近い感覚を持っていて、かつ彼の言動は誠実そのものだ。けれど、それが社会の前進にブレーキをかける役割をになっている。その構図自体が痛烈なアイロニーになっています。

大杉に悪意は無い。悪意が無いからこそ厄介な訳です。悪意が無いから悪ではないかというとそうではなくて、時に悪意が無いということこそが最も悪となる。大杉というキャラはそれを身を以て体現している訳です。

滝沢に対して犯罪者という表現をするのも典型的で、大衆というのは自分が浸かっている環境に非常にコンサバティブで、それを変えようとするものに過剰に反応します。そして、それを排除するに犯罪者であるという理屈を使う。犯罪者というのと悪であるというのとでは絶対的な差があって、犯罪者とするには法的な意味で犯罪を犯したものという意味が付加されます。

つまり、悪を悪と断定するにあたって法つまり国家の権威を以てしている訳です。それは逆に言うと自らは法と国家の奴隷であると宣言している事になります。そして、彼等にとってはそれが善良の証だと考えている節があり、もう救いようが無いという状態になっています。

法や国家が正当性を持つのは、その正当性が確実に担保されているという前提条件が成立している時のみであるというのを忘れてしまっている。だからこんな末期的社会情勢に至っても犯罪者であるという表現を平気でするし、犯罪行為は即悪であると判断する。もうこの反応は奴隷を通り越して犬です。

しかし、平澤に代表されるように、そのイデオロギーから完全に自由になることはとても難しい。咲に関しても同様。彼等のような存在が浮動層として徐々に多くなってきているということは事実なんでしょう。滝沢が当面目指すのは、そんな浮動層に自由を提供してやること。彼等がまだ人である内に大杉のような奴隷にならない内にイデオロギーから自由にしてやること。それが当面のステップになる事でしょう。みっちょんが滝沢にはなつくというのは、彼女が感覚で動く傾向があるから。むしろ平澤のような理性で動くタイプの方が観念に縛られやすい。

様々な要素を巧く取り込んでいると思います。けど、このペースで話終わるんだろうか? それについては限りなく不安なんですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
映画
放送開始当初から情報が出ていましたが、冬に続編として映画が公開されるみたいですよ。
2009/05/31(日) 17:57 | URL | MOGA #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5974-e32197a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
■東のエデン Eden Of The East 第08話 「あらかじめ失われた道程をさがして」 はコチラ
2009/05/31(日) 22:38:45 | 東のエデン Eden Of The East 動画集
第8話『あらかじめ失われた道程をさがして』 ぐっ!!大杉は結局単なるミスリードだ
2009/05/30(土) 07:07:14 | 心のおもむくままに