Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
小中学生の携帯禁止、親の努力義務 石川県、条例可決へ

なんて馬鹿馬鹿しい話だろう。呆れてものが言えないという感じだ。

石川県議会の自民党会派が、小中学生に携帯電話を持たせないよう保護者に努力義務を課す条例改正案を、15日開会の6月議会に提案する。同会派は議席の過半数を占めており可決される見通しだが、県は「憲法違反のおそれもある」と慎重だ。県によると、携帯電話の所持規制に踏み込んだ条例は全国に例がないという。


そりゃぁ憲法違反だろう。自由を法律によって拘束する許し難い条例だと言えます。けれど、ここで問題視するべきは石川県議会では無く、そういう対応を望んできた大衆の方にあります。自分の子供のコントロール程度、しかも携帯電話を持たせる持たせない程度のことは保護者が自らの責任で行えばいいものを、公的な制約を求めるというの馬鹿が大量に存在する。なんでもお上にやって貰おうという畜群だ。

そういう連中が望むから、政治屋がこんな暴走を始める。市民が望んでいるという名分が成立し、対処しなければ最悪無能呼ばわりなのだから、人間の自由など知った事じゃないと言う判断をするのは当然だし、そもそも大衆は自由など求めていないし、必要としてもいない。

「宇宙をかける少女」じゃないが、安全と生活が保障されたハコがあれば喜んで入り、出てくることは無いというのが大衆の本質だろう。こういう条例案が提出されるということが、近代似非民主制の民とやらに人間として重要なものが欠落しているという事実を物語っている。

自由を獲得するには、それによるリスクを自らの責任で引受ける必要がある。そんなのは当然だ。携帯電話の利用の自由を獲得するためには、それによって起る事に関して自ら責任を負えばいい。それが嫌なら持たなければ良いだけの話で、それが自由というものだ。世の馬鹿親共が、平然と糞餓鬼共に携帯を与えておいて、いざ何かあるとお上に責任をなすりつける。そういう奴隷的発想の考え方が実際には蔓延している。

はっきり言って迷惑この上ない。そこまでお上に守って欲しいなら、自ら奴隷宣言をして、刑務所にでも入って保護してもらえば良いんじゃないだろうか。そうすれば、完全に安全が保障されます。まさしく現代版のハコがお似合いです。
スポンサーサイト
FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/5993-675d5b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック