Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
本当の意味のボス戦だと思うのですが、かなーりあっさりした展開になっています。結局アメリに頼り切っていたという事な訳で、その割にはそのコアの中のコアである心へマシロの進入をあっさりと許していたりとか、間抜け風味があちこちに漂います。

しかし、シリアスバトルを期待しても仕方ない訳で、こんなバトルはとっとと終らせて、女の子達の可愛いシーンを増やしていくということこそがこの作品にとっては重要なことでしょう。手法は間抜けではありますが、一応辻褄は合っていたし、それすら適当というシリアスバトルものも存在する中で必要十分だったんじゃないかという気がします。

応龍が何故暴れるのか? という理由についても語られましたが、これがまたつまんねー理由でした。つまんねーだけに翌日から仲良しこよしに変貌というのもアリかなということになります。神を名乗る割にどいつもこいつもオツムが軽すぎという気がしますが、まぁ神なんてそんなもんだと言われればそうかもしれません。

ということで、主軸の話はこれにて終了なんでしょうが、纏めをどうするかってところですね。なんだかんだで萌えアニメ的にはそこそこの出来だったんじゃないでしょうか。上手く纏めればそれなりにはなるんじゃないかと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6037-c145dfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック