Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
結局滝沢ってのは、保守ってことなんですね。滝沢が理想的な王様に仮になれたとしても、それで社会が救われるほどシステムは単純に出来ていない。ジュイスが一体どんなマジックを出して来るのかは楽しみですが、近代民主制に絶対的な支配者を設置するのは不可能と言えるレベルの困難さだし、仮にそれが出来たとしても、滝沢が居なくなった時にその後をどうするのかという一番の問題が残されています。

優秀な為政者を作り出すというのは問題解決にはならない。一時的な処方箋としては有効かもしれないけれど、解決するためにはシステム化する必要があります。そして、ニート達の能力が高いというのを認めたとしてもそれが発揮されるのは追い詰められた時だけというのも同時に証明されました。

常に生命の危機を感じるような状態に追い込むというのも無くはないでしょうが、それは当然支持を得られないでしょうし、成立するとも思えません。個人的には大衆を認めた上で世界を救うということは不可能だと思っているので、それを成そうとする滝沢が一体どんなことをするのかとても興味があります。最終的な結論を是非見たいですね。劇場版で続編って事らしいですけど、何らかの形で見てみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6046-5d2484b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック