Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
いつも、どこでも、馬鹿は社会にとって悪にしかならないと言う事でしょう。馬鹿であるということは悪人であるということを意味しません。むしろ悪人であれば裁く事が出来るだけマシなのかもしれません。悪意の無い馬鹿程始末に負えない者は無いという事です。

人が馬鹿であるだけであればそれは罪ではありません。けれど、そんな馬鹿が何らかの形で力を持つと途端に酷い害悪になります。馬鹿は悪人から簡単に利用されるというのも典型的。自らで自らを定位出来ないのが馬鹿の特徴なので、当然と言えば当然の事です。

そして、そういう馬鹿を作り出す最大の原因は信仰であり、保守であります。どちらも共に考える事を容易に放棄させ、馬鹿に大義名分を与えるという点で、社会にとって非常に危険な麻薬です。いかな理由があったとしても信仰を強要するようなものには一切の正当性を与えてはいけない。それを忘れた時にその社会は必ず崩壊することになるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6047-62e35a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック