Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
結局のところ一人の少女が、人類の生み出した最悪のイデオロギーである家族制度と宗教という二つの悪意の犠牲者となっていたというオチでした。それにしても新房が描くとその極悪度が際立ちます。宗教の信仰者はそれだけで何をするか判らない異常者というレッテルを貼ってもかまわないと僕は思うので、もし自分の身内が信仰に走ったらその時点で即座に縁を切るでしょう。

しかし、ほとんどコントという掛け合いだけで前半を乗り切るというのも凄いことです。そこを強調することで終盤のひたぎちゃんの変貌ぶりが引き立ちます。それに女性の艶めかしさというのを描くのも突出しています。確かにヌードも披露してくれたし、その後もセミヌードだったけれど、アングルとか仕草とかそういう部分で女性を表現することに際立った能力を感じます。

これで、一応ひさぎちゃんは救われたという形になりました。そしてそれを前提として一体どういう話が展開されるのか期待しちゃいます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6108-44a5dc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック