Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
物事は見方次第という話。教訓として良くできています。狼と香辛料はどのエピソードもそうなので、今に始まったことではありません。それでも今回きつかったのは、ロレンスがホロの心情を理解するまでの構成になっていたために、ホロの出番が後半極端に少なくなってしまっていたこと。

やっぱりなんと言っても作品の魅力はホロとロレンスの掛け合いにあるので、その片割れが居なくなると途端に話のカラーが異なってしまいます。その点は本当にストレスが溜まりました。たった1話出番が無いだけでももの凄く残念に思えました。それにしても、結末は判っているにも関わらずこれだけ緊張感を持たせることが出来るってのは、話として本当に良くできています。インチキをしてまで話を引っ張って結果碌でもない状態にしてしまうような作品とは偉い違いです。

種明かしされてしまえばなるほど整合性は取れているし、言われてみればそういう伏線もあったような気もすると納得できるにも関わらずロレンス視点だとすっかりだまされてしまう。だからこそ爽快感も生まれるし安心感も生まれる。それを繰り返すことで二人の関係性が深まっていく様を感じることが出来る。やっぱりキチンと作られた作品は話を積み上げていく事の重みが違うなって改めて感じさせるエピソードになっていました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6212-1229b849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック