Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
ウエルキンを戦術、戦略の双方についてずば抜けた天才という設定にしてしまっただけに、話がどんずまりしてしまっていて、本当の戦争なら、それでもまだ物量による力の差があるんだけれど、それじゃ話としては面白味がない。そこで、人知を越えた力を出してくることで、話を動かす。確かにそれで形勢は大きく変化しました。けれど、失ったものも多い。

ヴァルキュリアの力がこれ程である以上、もう通常の戦争なんてほとんど意味を為さないと言う事になります。何らかの欠点が出てくるのかもしれませんが、あの僅かな時間であれだけの事が出来る以上、戦場の傍らで待機しているだけで、圧倒的なプレッシャーを欠ける事が出来るでしょう。何故そうしなかったのかという疑問が残ります。

さらに、ヴァルキュリアに対するにヴァルキュリアしかないという状態になった段階で、それ以外の全てとこれまでの全てが無意味と化します。折角ここまでやってきたことを否定することになりかねない。そういう危うさも持っています。

全体的に大味になりかねない中で、一体どういう風にこの状況を収拾するつもりなのか。その手腕に期待したいところです。ですが、かなり危険なギャンブルなんじゃないかという印象を受けますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6224-2ee81f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック