Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
うーん、なんか同じ事繰り返しているように見えますね。結局地震が起きてしまって、キャラが3人で、その内2人が子供という状態ではやれることがあまりにも限定されてしまって結局同じ事を何度も何度もってことになってしまう事になるんでしょう。

現実にそういう状態になったら確かにそうなるのかもしれないけど、僕らが見たいのはリアルなシミュレーション結果ではなくて、物語としての作品なので、それじゃ面白味がなさ過ぎる。

もう少し何か動かさなきゃ話にならないのは見えていて、それが2度もの夢オチという苦しい手法に表れているんだけど、3人しかキャラが居ないので、本当に殺す訳にもいかない。仮に本当に死んだら、未来ちゃんが正常で居られる訳ないし、復活もこの絶望的な状況と短期間の話ではシンドイ事になる。というのは見えてる。

いやだからこそいっそ本当に死んでしまいましたという展開の方がまだ面白味も出たのかもしれないけど… 後半のグタグタぶりにはちょっと呆れたという感じがしました。マリさんの家族がどうなっていたとしてもなんかもうって感じになってきました。

震災被害にあった子供が家に帰るという話だけで作品にするってのはやっぱり無理があるんじゃないかという気がしてきましたね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
別に印象は変わらないですねぇ。凝っているとは思いますが、ノイタミナ枠ですからある程度は想定できます。その後どうなるのか次第な部分は当然ありますが、これまでのところを見る限り結局は精神力で乗り切るしかないって話にしかならないように感じます。

生き残ってしまうとなると、どん詰まりであることは確実なので、まぁそこまで落ちては居ないって事なのかもしれませんが、だからといって面白くなったというところまでは言ってません。仮にそういうことだとしても、結局キャラの数が3人であるという事実は変わらず、亡霊くんがラスト近辺まで随伴するという形なのかもしれません。

亡霊を実態と認識しているのであれば、姉貴は完全に精神異常の状態ってことだろうし、話としては凝ってはいるけど面白くは無いというのであれば結局自慰行為の域を出ないことになります。判断は速い部分もありますが、そうは言ってももう8話が終了していますから、そうであるならそれが最後の大ネタってことなんでしょうね。
2009/08/30(日) 18:55 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6255-153a9089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック