Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
口だけ番長の龍門淵がゲストとして登場。というかとりあえず総復習で閉めるという流れのようです。まぁここまでで話数を使い果たしたので、その位しかやることがないのでしょう。合宿のお誘い一枚でこれだけ引っ張れるというのも驚異的で、中身の薄さが完全に露呈しています。

麻雀している時は超能力バトルになってしまい、麻雀していない時は三文青春モノに成り下がるというどうにもならない状態になってます。それで追試ネタを引っ張り過ぎて麻雀関係が終わってしまっているというのも凄まじい展開です。

で、一話だけで全国って始まるか始まらないかで終わってしまうんでしょうね。まぁこれ以上超人バトルに付き合わされるのもごめんなんで、その位の方がすっきりして良いとは思います。

しかし、咲ヲタはキモいな。見ないで判断するのはどうかと思って見てきた訳だけど、やっぱこういう番組は速めに切り飛ばすのが一番かもしれない。しかし、コメントに深みが無いって、この作品に対してどう深みのあるコメントを付ければいいというのだろうか? どう考えても不可能なんだが。原作読んでないだろうって、原作なんてこのアニメ見せられて読む訳ないだろうに…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その割にはしっかりコメント消してるんですねw
ちなみに私は咲オタ(苦笑)ではありませんよ。あしからずw
それと前回も書きましたが、「見せられる」という表現は止めた方がいいですよw 「見てやってるんだ」という風にしか聞こえません。「なら見るな」としか言えません。

でもまあ、気づいてもらえたようでなにより。
合わないと感じてるものを無理して見て、後ろ向きな感想を並べても何の発展もありませんよ。
仰られるように、さっさと切って別の「良い」ものを見たり探したりした方が有意義ですし、お互いに不快な気持ちを味わわずに済みますよ。

原作を読む気も起きないほどこの作品に何の期待も無いなら尚更です。
2009/09/24(木) 17:54 | URL | #-[ 編集]
嫌いなものは見るなという主張は結構ですが、それでも見られて批判されるのを否定する道理にはならないですね。つまり、見るも見ないも、批判を書くも書かないも僕の自由であり、貴方にとやかく言われる筋合いはこれっぽっちもありません。だから嫌なら見るなとここで発言すること自体が奇妙な訳です。単に貴方が批判的なコメントを見たくないから書くなと言っているに過ぎないと感じます。

合わないと感じている場合は合わないと書きますが、今回の場合は質が低いと言っています。それでも好きだというのは自由ですが、嫌いなのではなくて出来が悪いと言っているので、それを公共の電波を使って放送している以上、見せられるという表現もあながち間違っているとは思いません。テレビとはそういう性質のものですから。

作品単体について好き嫌いで見る見ないを決めない理由は、例え自分が嫌いでもどのような内容の作品が放送されているのかを見るということを考えているからです。それを全体の傾向をつかむための材料としています。Blogのレビューなどはその副産物、おまけでしかありません。よって精神的に耐えられない腐女子モノとかでもない以上、ギリギリまで視聴は続けるという方針にしてきました。一応最後まで見なければ善し悪し判断も出来ないと考えていますし。結果としてこの作品は非常に質が低いという判断を僕は下したといことです。

もし、そんなことは無い。この作品は十分放送に耐えうるクオリティを持っている。と主張されるなら、その根拠を明示すればいい。それが出来ないのであれば甘んじて受けてもらうしかないでしょうね。そういう建設的な意見なら削除されることはないでしょう。

原作も読んでないのにと表現している以上、貴方は読んでいるだろうと想定できるし、しかもそれをしない人間の批判は駄目だ的な発言をしている以上十分咲ヲタだと僕には思えます。また、嫌いなら見るななんて低俗な書きこみはスパムと同様なので削除対象になるのは当然のことです。それでも懲りずにまたスパム同様の書きこみをしてくる辺りがキモいってことですよ。
2009/09/24(木) 23:51 | URL | Kazu'S #RK6wHsAg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6329-4f7be183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック