Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
前半目立ったのは高橋。致命的なミスが多かったし、そこからかなり危険な状況を何度も作られてしまっていた。じゃあ駄目だったのかというと必ずしもそういう訳では無くて、攻撃面では彼らしい上がりを何度も見せてくれました。結果としては若手らしい動きエネルギッシュな動きをしていたと感じました。久しぶりの出場というのもあったのかもしれませんが、若手はその思い切りの方が大事かもしれません。そういえば今日出場停止の山田も若い頃は似たような感じだった気がします。

もう一人目立ったのが梅崎。明らかに攻撃面でアクセントになっていて、バリエーションが増えたように感じます。前線での運動量も豊富で、その分ポンテが楽になっているように感じます。サイドに開くことも多くて、時間を稼げる分阿部が上がる時間を作れたりと実に有効に機能しています。

守備面では、やや下がりすぎかつ中に寄りすぎという感じがしました。勿論去年までに比べればかなり良くはなっていますが、それでもサイドが開いてしまって良いクロスをあげられるというシーンを何度か見せられました。

象徴的だったのは前半43分阿部も啓太も攻撃に出ていて、千葉も下がって出しどころを探るというシーン。こういう時には悪くてもシュートで終わらないといけないんですが、闘莉王の安易なパスがインターセプト。カウンターを食らうという場面がありました。失点にはなりませんでしたが、これは絶対にやってはいけないこと。これで失点というようなことも今シーズンは何回かありました。状況を見てパスの精度は慎重に選択しなければならない。それが自然に出来るようにならなければならないでしょう。

後半になって梅崎に変えて達也を投入。梅崎を変えられるという辺りにレッズの選手層を感じます。これは最初から計画されていたのかもしれない。だからこそ前半で梅崎は全開だったんじゃと思わせるような思い切った交代です。前線で前半の最後に停滞してことに対する対策という意味だとするなら、素早いという感じがします。

しかし、それでも攻撃を綺麗に組み立てられるというところまでには至らず。決定的なシーンは何度か作ったものの全体的な流れ自体を奪ったという感じはしませんでした。ゴール前での距離感、ボールへの詰めがもう少し欲しいところです。中盤過ぎから闘莉王も前線に出てくるようになって高さも狙っていったんですが、それでも決めきれず。

そして啓太に変えて高原投入。これも思い切った交代。いきなりのチャンスは決めて欲しかったけれど、次のプレーでとうとう得点。この試合は攻撃的な意識が非常に強く感じられましたから、それを促す方向で選手を交代して最終的には1ボランチという形式にしたというのは、良い戦術だったんじゃないかなと言う気がします。そしてリードを奪った後に原口に変えて堀之内投入。これも正しい判断。原口としては結果を出せず不満でしょうが、その前に梅崎、啓太と変わって居るとなれば文句も言えないでしょう(笑)

そして高橋のだめ押し。本人は嬉しかったでしょう。久しぶりに出場したルーキーにとっては何よりも嬉しいという初ゴールです。阿部にしても細貝にしても今日の動きはとても良かった。途中から出てきた達也や高原も悪くなかった。いつでもどんな相手でもこういう試合が出来るようになれば、未来は明るくなることでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6356-a5580dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック