Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
華やかなりし頃のアイドルの実体、その悲哀を描くという意味ではある程度のリアリティを持っているように思えるんですが、何故今当時のアイドル物語が必要なのかという部分が良く判らない。だから恋愛モノの部分に重点が置かれるのかと思ったら、どうにもこうにも煮え切らない。そんな状態。

大きな問題は由綺と理奈という二人のヒロインに対する描写が完全に不足している事。更に冬弥に魅力が全く感じられない事。この2点があるせいで恋愛モノとして成立していない。そうなっている理由は、アイドルものとしての場面に時間が取られすぎているからなんじゃないかという気がします。

つまり、二兎を追う者は一兎をも得ず状態になっていて、中途半端なできになっているように思えます。表現が回りくどい遠回しなやり方を特徴にしているだけに、それが顕著に表れていて、そういう手法の場合はキャラ表現にもっと時間を割いてやらないといけないのに余計なエピソードばかりが割り込んで邪魔をしているという感じがします。

もう今更方向性を変えるのは無理かもしれませんが、だとしたら盛り上げるような事件を連続で入れてメロドラマにしてしまうというのが一番の解決法です。それはそれで時間をかけた割にはになってしまうので、他の打開策が欲しいところなんですが、打ち出せるでしょうか。正直厳しい状態だと思われます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6421-92c4de32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック