Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
前から思っていたことだけど、微妙な時代の違いのニュアンスを良く作っていると思います。この話自体が現代では全く通用しない内容になっていて、当時の独特な雰囲気と状況がなせる技で、それってほんの短い時期だったような気がします。その僅かなそれでも確かに存在した時代を旨く描いていて、少なくともそれだけは認めなければならないでしょう。とてもアンニュイな感じになっています。

恋愛モノとしてはかなりかったるい状況がずーっと続いていて、信条表現は細やかだと思うんですが、あまりにも動きが細かすぎて掴み切れない状態です。理奈ちゃんにしても今更という感じが凄くして彼女の心情が掴み切れません。

彼女の涙が意味するところは何なのか、なんで今頃になって冬弥に執着するのかも判らない。そこが伝わってこないとこの作品成立しないと思うんですよね。ここまで作って来てそうなってしまうのが残念です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6441-3f200b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック