Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
そもそも価値観の定位を自分自身で行うということで済む話なんですが、どうしてもそれが出来ないコミュニティに異様に引っ張られるという人は少なくないようです。しかも学生となると非常に狭い範囲の生活範囲しか持たない為に、その傾向は特に顕著で、実際にそれが出来ないが故に虐めで自殺とか間抜けな事件が後を絶たないのでしょう。

人間というのは群れると信じられない程の悪意を発揮します。これもコミュニティの内部に自分が存在するという安心感から来る事が多い。だから群れる人間は腐れている連中がほとんどですし、そのことを強要する手法に賛同する事は永遠に出来ない。

戦争物なんかでミクロ視点で見ると意味が変わるというのもこれが大きな要因で、コミュニティのサイズが大きくなればなるほど悪逆なことを平気で行える。だから戦争を語る時に個々人を見ても意味をなさない。国家という枠組みに参加しているという現状ではマクロ視点で見ないと戦争は語れない訳です。個々人が良い人であったとしても、集団になると下衆野郎に平気で成り下がるなんてのは、いくらでもあることです。

まぁ学校というのは社会の縮図で、こういう集団の暴力が横行するという点についてもスケールダウンした形で見事に再現されている訳です。朱に交わることを自ら避けるというメンタリティを持たない限りいつまでたっても奴隷根性が抜けないでしょう。残念ながらそういう人間の補が圧倒的に多いというのが残念な現実ではありますが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6447-4ae277a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック