Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2テーマ: | カテゴリー:スポンサー広告
Page Top↑
結局今回はアラシと一の関係性が焦点になるという典型的な話。アラシとのあの重たいエピソードがあったからこそ今回の話は良く効いています。いつものカラーを維持しつつしっかりと描くべきところを描いているという辺りは流石という感じがしました。

しかしながら、それだけに煮え切らないという状態になっているのは事実です。けれど、その煮え切らないのが夏のあらし!という気がしないでもありません。そもそもこの作品のコンセプトというのが微妙で、儚い夏と永遠の夏という全く逆のもの。

そして、日常と非日常というのもこれまた対比になっています。その微妙な狭間の微妙な関係というのが全体を通してポイントになっているのでそれを表すという意味でも二人の関係は曖昧なままが良いのかもしれません。

それでも、シリーズのラストは何かしらあってくれるんじゃないかと期待してしまいます。どういう結末になるのか楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6582-93abdb0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック